2016年4月26日火曜日

レジの複雑化

むかしむかし、レジはとっても単純だった。

コーヒー200g 1000円なら
 ►1000と打ち、5000円預かって4000円のおつりを出せばそれですんだ。


ところがいまは複雑で、あるコーヒーチェーン店の場合だと
コーヒー200g 1000円のときお客さんがどういう支払い方を選択するかわからない。
 ►5000円札を預かって
 ►お店専用プリペイドカードに2000円をチャージし
 ►チャージのレシートと、3000円のおつりを出す
「たまっているポイント使って」とお客さんに言われ
 ►540ポイントあったので、ポイント精算540円とレジを打ち、残り460円をプリペイドカードで精算するように打ち、レシートを出す


これだけならまだいいのだが
 ►たまたまその日は「モカ」のみ15%OFF日だったりすると、モカのみ割引をする
 ►その上、その日が全品10%OFFのサービスデイだったりするとどうなるか
 ►かつ、100円の割引券を出されたりすると、レジではそれも打たなくてはならない。
   そうしないとレシートの数字が狂うし、レジが自動的に計算している売上金額も
   ずれてくるからだ


あるいは
 ►クレジットカードが使えたり
 ►WAONとかSuicaとかの電子マネーを使えたりする
 ►QUOカードも商品券も使える場合がある


たいがいのお店では
 ►現金とプリペイドカードとポイントと割引券とキャンペーンの10%OFFなどが併用できるので、それらをすべてレジ打ちしなければならない
 いまのレジは基本的にパソコンなので、本社とオンラインでネットワーク化されている。
 パソコンだから、かなりいろんなことをレジでできるかわりに、レジの操作が複雑だ。

スーパー食品レジの「2つ買うと28円お得」とかいうのは、もう手打ちのレジでは無理なので、バーコード方式しかあり得ない。とはいえ、リンゴ1個とか、バーコードのついていない商品もあったりする。


そこへもってきて店によっては、消費税が内税だったり外税だったりするわけで、客もレシートの内容を読み取るのがむずかしい。

パン屋さんなどは商品にバーコードなんかついていないので、レジの人は店内商品をまちがいなく覚えていなければならない。小さなパン屋さんならまだいいが、大手のパン屋さんだとタッチパネル方式では絶対に無理な品数がある。

レジではほかにもセール日のチラシを配ったり、500円に1枚ごとスクラッチカードを渡したり、紙のカードにスタンプを押したりしなければならないのだが、そうこうしているあいだにお客さんに「ここって何時まで?」とか聞かれたりする「時そば」状態。


完璧なミスのないレジ打ちをするのが非常にむずかしい状況なんではなかろうか。

昔のレジに比べると、いまレジがF1レーサー化していっている感じ。
このままどんどん複雑化していくんでしょうか。

どこかで収束していってほしいものです。
個人的には世界中でポイントカードとスタンプを廃止していいと思う。
じゃまなんだもの(^^)

2016年4月25日月曜日

ノンフィクションって、たまにおもしろい

友人のおすすめノンフィクション「にょろり旅」がおもしろかった。
ノンフィクションって、たまにすごくおもしろいのがありますよね。

「にょろり旅」は大学の研究員が、ウナギを求めてアフリカ、アジアを旅する話。

飛行機を長時間乗り継いで現地へ向かうのですが、研究員2名は飛行機に乗ったとたんに眠れるそうで、着陸したときは元気いっぱい。
でも教授は飛行機で一睡もできないので、到着したときにはフラフラになります。

わかる! わたしも眠れないから(^^;)

「にょろり旅」は3部作。







ほかにノンフィクションでは、かなり古い本ですが「奥アマゾン探検記」がおもしろかったです。





2016年4月24日日曜日

LINEスタンプ講座 やっています

いま月1で一般の方向けに「LINEスタンプ講座」をやっています。

場所は池袋の東武カルチュア スクール

別に絵を教える講座ではなく、LINEスタンプを作って売り出すまでの How to 講座なので、絵を描く時間は短いんですけどね。

生徒さんは中学生から高齢の方までいろいろですが、日本人って基本的に全員マンガ絵が描けるような気がします。
プロとはちがう、いい味を出している生徒さんもけっこうおられ、見ていてチョー楽しいです。

教える側もおもしろいので、しばらく趣味で講座を続けようと思っています(^^)

http://yaneura2015.web.fc2.com/line.html
 
 

2016年4月16日土曜日

3DCGアニメって楽しそう

ここ最近、立て続けにCG会社やゲーム会社からレクチャーを頼まれました。

2Dアニメーターのノウハウを、3DCGのアニメーターにレクチャーしてほしいということでした。
2Dも3Dも動かすという点での勉強は同じです。

3Dでキャラクターに動きをつける方法を見せてもらったり、モデリングを見せてもらったりして、わたしもよい勉強になりました。

3Dアニメーションを作る工程を見ていると、とても楽しい。
自分でもやってみたいなあとずっと思っています。

2Dアニメーターから見て、とくにうらやましいと思うのが、3Dなら絵で苦労する部分がないので、もっと動きに集中できそうという点です。

動きだけに全力を傾けられたら、動かすのが楽しそうだな~って思います。
じっさいは、いろいろ制約もあり、かんたんではないのでしょうが。

でも、見ていてほんとにおもしろい(^^)

2016年4月2日土曜日

英語は便利だ

池袋でウインドウショッピングをしていたら、カップルから中国語で話しかけられた。
男性がスマホ画面を指さしている。

「山手線」
中国語らしくてちょっと違う漢字なのだが、そう書いてある。

山手線に行きたいのかな? と思ったが、中国語はまったくわからないので
「山手線はどこか? という意味?」と英語でたずねた。

すると相手も英語に切り替えてきて、「そうです」という。
なので「まっすぐいって、JRっていう緑の看板が出ているところ。左側に見える。それと右側にもあって、どっちも同じ」と中一英語で教えたら「サンキュー」と言って去って行った。

世界共通語は英語なんだなあ、と思った。
中国人と日本人が英語でコミュニケーションとれるって便利よね。

これから外国人観光客がどんどん増えていくと思うので、都内で
「ここはどこ?」とか「写真撮って」とか言われて、英語対応を迫られる機会が増えそうだ。


あと20年後くらいには、どんな仕事でもアルバイトでも、英語必須になりそうですね。