2015年2月22日日曜日

アニメーターは生活保護を受けられません

下記のようなコメントをいただきました。(公開されています)

-------------------------------
コメントの一部
アニメーターに生活保護を受けさせて、アニメ仕事はボランティアとしてやることです。「地元をアニメの聖地に!」とのたまう自治体が都内にいくつもあるのですから、アニメーターに生活保護を認めてもらって面倒見てもらうしかありません。現時点で解決策はそれしかありません。
-------------------------------


いただいたこのコメントは、もっともなことに思えます。若いアニメーターたちのことをご心配下さったお礼に、お返事したいと思います。

結論から言いますと
アニメーターは生活保護を受けられません。


もうずいぶん昔に、わたしもあなたと同じことを思いつき、お役所に問い合わせたことがあります。
お役人から教わったのは次のようなことでした。

生活保護とは、働く意欲はあっても、なんらかの事情で
 働くことが出来ない人を助けるためのもの。


「そうか、たしかに生活保護とはそういうものだ」と思いました。

働きたいけれど、高齢や病気や、ひとりで小さなお子さんを育てているために働けず、
生活できない。
そういう方のためのセーフティーネットが生活保護です。


アニメーターは要件に該当しません。なぜなら働いているからです。


コメントをありがとうございました。




2015年2月18日水曜日

新人アニメーターは時給120円  という現実

新人アニメーターを、せめて契約社員か固定給契約で採用して下さい。


新人アニメーターを、3万円で月250時間働かせるのはあまりにも酷です。いつもおなかを空かせていて、だんだんやせていく新人アニメーターを見ていると、もうなんといっていいかわからないほどつらい。悲しすぎる。

学校出たての新人が、いきなりプロ水準の仕事で食べていけるわけ、ないじゃありませんか。あまりに無茶な設定です。


3ヶ月程度たてば800枚描けて16万円くらい稼げるようになる、なんて書いてあるサイトもありますが、そんなのは20年前の話です。
現実とかけ離れすぎています。

どれほどキャリアのある優秀な動画検査でも、今風の絵柄の作品で、1ヶ月に動画を800枚描くことは不可能です。
動画の仕事は、昔と違い、とても繊細で丁寧な仕事に変わってきているんです。品質水準の要求が、年を追うごとに、どんどん高くなってきているんです。

能力の高い人が、睡眠時間を削り、休日なしで最大限働いても、1ヶ月に500枚の動画を描くのがやっとです。


せめて固定給10万円以上で、新人アニメーターを採用してあげてもらえませんか。
彼女ら彼らは9時~5時以上に働くはずです。

不採算なのはわかっています。でも不採算になる原因は、あり得ない予算配分と単価設定のためであり、新人アニメーターの働きが悪いためではありません。

採用試験を受け続け、あんなにも大好きだったアニメの仕事に就き、念願のアニメーターになった新人が、食べるものにも事欠き、やめていくしかない現状を見続けるのはつらい。

アニメーター職種の中で、中核を構成すべき、確実に信頼できる仕事をあげてきてくれる多くのアニメーターたちがいなければ、作画の水準を保つことなんて出来ないです。

精一杯の努力をしてくれている会社もありますし、固定給採用を実現させた会社もあります。でもそれは極めて少数です。

新人アニメーターが食べて行かれる賃金を、ぜひおねがいします。


※東京都の最低賃金は時給888円、25日働けば15万円以上です。



アニメーターのみ 新卒の新人1日目から出来高払い

アニメーターのみ 新卒の新人1日目から出来高払い

制作さんや背景さんのように、月給が16万円ていどあれば、東京でなんとか暮らしていけます。

東京の家賃は高いですが、贅沢さえいわなければ、安い定食屋さんでおなかいっぱい食べ、生活していくことはできるんです。

けれど新人アニメーターは、そのほとんどが月給なしの出来高制です。

1ヶ月目にもらえるお金は、ふつう3万円に届かないと思います。
1日10時間、1ヶ月に25日くらい、必死に動画を描き続けた対価がそれです。

もはやこれを職業とは呼べないでしょう。



新人アニメーターは 社員採用されません

新人アニメーターは 社員採用されない


アニメ業界の平均的な雇用条件2015年版です

制作進行
 月給16万円  正社員  社保完備 有給休暇あり

背景
 月給17万円  契約社員  社保完備 有給休暇あり

アニメーター
 月給なし  出来高制 社保なし  有給休暇なし





2015年2月8日日曜日

神戸芸術工科大学の卒展

神戸芸術工科大学の卒展へ行ってきました

会場で久しぶりに4回生たちに会えました。
みんな4月には東京や京都でのアニメ業界新生活を控えています。1年見ないうちに、みんなしっかりしてきていたので大丈夫だと思う。

大丈夫だよ、みんな自分の力を信じてまっすぐ前だけ向いて進んでいってくださいね。


学生はまだ若いから、その分、人間としてすなおで、可能性をたくさん秘めている。ホントにかわいいと思った。
彼らの不安を取り除いたり、はげましたりしてあげられたらいいなと思ったのことよ。


神戸に通うのはしんどかったですが、東京の学校でゼミを持ちたいなぁ。