2015年9月29日火曜日

高齢化社会を実感

きのう、75歳くらいとおぼしき男性とご婦人にあいついで呼び止められ、しばらく立ち話につきあいました。

ボーッと歩いているせいか、昔から年配の方からの呼び止められ率、高いです。
人畜無害に見えるんだと思う。

男性のほうのお話は、今朝早くから起きてどこどこの病院へ行き、何時に帰ってきた。明日はどこどこの歯科へ行くんだが、そこの先生が・・・といった内容でした。

ちなみにわたくし、この方とは面識ありません。
ありませんが、昔から「年配の方には親切にしよう」が基本姿勢なので、ボランティアだと思ってしばらく病気の話を聞いていました。
わたくし、人様には、かなり愛想がよいのです。

「お大事になさって下さい」
と言って別れましたが、少し先で今度はご婦人に呼び止められました。

このご婦人はとっても穏やかな話し方をする方で
「あの、聞きたいことがあるんですけど」と言います。

「月は? 月はこっちから出るの? わたし、ずっと待っているの」
きのうは月がとても大きく明るく見える、完全な満月でしたから、ご婦人はお月見をしたかったようです。

しかし、自宅の窓からは隣家しか見えないので、道路に出て月を探していたのです。
ご婦人がさがしていた空は西側でしたから、わたしは月は反対側の空から出てくるのですと教えました。

乗りかかった船なので、反対側の空に月が見えるかどうか探しました。そうすると、道路の反対側の端によれば月がよく見えることを確認したので、そこへご婦人を案内しました。
距離にして10メートルくらいです。

地平線からあがったばかりのスーパームーンは、いつもの満月よりかなり大きく派手に見えます。
中天まで上るとそれほど大きくみえませんが。

迫力ある月を見てご婦人は非常に喜び、わたしの手を取って
「K子、ありがとう、ありがとう」と、どうやら娘の名を呼んでいるようです。

まあ、ここまで喜んでもらえればK子でぜんぜんかまいません。
ボランティアです。
人間、助け合わないとねっ。


わたしは都心には住んでいないので、近隣は戸建てが多いです。
その戸建てには、ご夫婦ふたり暮らしや、ひとり住まいの方が圧倒的多数派で、そのほとんどがいわゆる高齢者です。

東京都はいま4人に1人が高齢者で、若い人がほんとうに少ない。
とはいっても、学校や企業で働いている若者もいるので、地方のほうが高齢化は深刻かもしれない。

なんだか不思議な世界になってきたと思います。


しかし、立ち話をしていたら、メッチャ蚊に刺されました。10カ所は下らない(^^;)
住宅街ってけっこう蚊が多いんですよね。


0 件のコメント:

コメントを投稿