2015年2月18日水曜日

新人アニメーターは時給120円  という現実

新人アニメーターを、せめて契約社員か固定給契約で採用して下さい。


新人アニメーターを、3万円で月250時間働かせるのはあまりにも酷です。いつもおなかを空かせていて、だんだんやせていく新人アニメーターを見ていると、もうなんといっていいかわからないほどつらい。悲しすぎる。

学校出たての新人が、いきなりプロ水準の仕事で食べていけるわけ、ないじゃありませんか。あまりに無茶な設定です。


3ヶ月程度たてば800枚描けて16万円くらい稼げるようになる、なんて書いてあるサイトもありますが、そんなのは20年前の話です。
現実とかけ離れすぎています。

どれほどキャリアのある優秀な動画検査でも、今風の絵柄の作品で、1ヶ月に動画を800枚描くことは不可能です。
動画の仕事は、昔と違い、とても繊細で丁寧な仕事に変わってきているんです。品質水準の要求が、年を追うごとに、どんどん高くなってきているんです。

能力の高い人が、睡眠時間を削り、休日なしで最大限働いても、1ヶ月に500枚の動画を描くのがやっとです。


せめて固定給10万円以上で、新人アニメーターを採用してあげてもらえませんか。
彼女ら彼らは9時~5時以上に働くはずです。

不採算なのはわかっています。でも不採算になる原因は、あり得ない予算配分と単価設定のためであり、新人アニメーターの働きが悪いためではありません。

採用試験を受け続け、あんなにも大好きだったアニメの仕事に就き、念願のアニメーターになった新人が、食べるものにも事欠き、やめていくしかない現状を見続けるのはつらい。

アニメーター職種の中で、中核を構成すべき、確実に信頼できる仕事をあげてきてくれる多くのアニメーターたちがいなければ、作画の水準を保つことなんて出来ないです。

精一杯の努力をしてくれている会社もありますし、固定給採用を実現させた会社もあります。でもそれは極めて少数です。

新人アニメーターが食べて行かれる賃金を、ぜひおねがいします。


※東京都の最低賃金は時給888円、25日働けば15万円以上です。



32 件のコメント:

  1. 詳しくはありませんが、深刻な問題ですね。
    これは業界全体の成長にマイナスの影響を及ぼしていると言えますね。
    こういう問題提起はどんどんしていくべきだと思います

    返信削除
  2. こういう、アニメーターの窮状を訴えるような文章がネットで話題になる度に、当の業界内の、しかも名のあるアニメーターの方から「それは甘え」というような否定発言がなされるのを何度も見ました。 先日も「苛酷、辛い、貧乏列伝は主に辞めた人の自己肯定」とまで仰る方がいてガックリ来たものです。
    業界外の素人の僕が気を揉むものでも無い事なのかもしれませんが、それでも業界内でこんなに温度差があるのに驚きです。アニメーターの労働環境の悪さが叫ばれて久しいと思うのですが、こういう温度差が改善の妨げになっているのでしょうか。

    返信削除
  3.  ピンハネの最たる業界。紡績女工さんでもまだマシな待遇でありました。平成の世ので、栄養失調による病死とかどこの社会派三文小説ですか?日本人アニメーターの絶滅は、日本製アニメの滅亡ですよ?責任感と実力。世界中探しても日本人以外おりません。声優業界でもそうですが、搾取され過ぎ。そして請負額が叩かれ過ぎ。もう天からの硫黄と火によって滅ぼされるレベルです。無理と分かっていますが、一斉にストライキでもして・・・いや無理か。悲しいなぁ。

    返信削除
  4. 本当にそう思います。
    それでいて安い賃金の外国に外注に出していたら
    国内のアニメーターや技術は全滅してしまいますよ。
    アニメを文字通り食い物にしている連中は、虫酸が走ります。

    返信削除
  5. そういう状況で高い授業料を徴収している専門学校とかは批判しないんですか
    使い物にならない奴は卒業させなきゃいいでしょ

    返信削除
    返信
    1. 使い物になるならないなんて新人には関係ないでしょう
      使い物にならない新入社員なら法律違反でタダ働きさせていいとか独裁者気取りですか?

      削除
    2. これは酷い。どんな新卒も最初は使い物になりません。でも、初任給で15万以上は貰ってます。能力があるとかないとか、そんな話しじゃないです。人間の尊厳の話です。あと、専門学校は関係ありません。典型的な詭弁ですね。

      削除
    3. 生徒は金を払ってるお客さん
      新人は金を貰って仕事をする職人
      金銭のベクトルが180度違う。

      さらに言うと神村女史は、業界の構造的欠陥を示してのこと。

      学校は無関係なんだよ。

      削除
    4. 記事をちゃんと読みましょう。「能力の高い人が、睡眠時間を削り、休日なしで最大限働いても、1ヶ月に500枚の動画を描くのがやっとです」とあります。
      つまり「使いモノにならないから生活できない」ではなく、「十分使えるレベルですら生活できない賃金体系」なのが問題なのだと思います。

      削除
  6. はじめまして。ジャニカでは応援団員として登録している非業界人です(今どういう扱いになっているのかわかりません)。
    この問題はアニメファンである自分でも考えていたことですが、こういっては失礼ですが、ジャニカも神村さんも「業界で働く現場の方の意見」だと思っています。現場で働く人の意見だと思います。
    では、アニメに出資している企業からしたらどうでしょうか?
    アニメに出資している企業からしたら、「1円でも安く作って1円でも高く儲けたい」んです。そのためには、現場の人間に犠牲になってもらうしかありません。
    出資企業の人間は、20代のアニメーターの月収が10万も満たず、常識的に考えておかしいことは絶対知っています。でも言わない。
    コストがかかることは、絶対口にしない。
    出資企業が「アニメーターの賃金をもっと上げるべきだ!」なんて声を上げてくれたことはあるのでしょうか?
    これはジャニカ幹部だった方がおっしゃっていたことですが、アニメ業界内部で起きていることが様々な業界に波及していると思います。具体的に言うと、製造、物流、建設、飲食業です。
    神村さんは以前、このブログでamazonで買い物をしたときのことをネタに話されていましたよね?
    amazonっておかしくないですか?量販店よりも安い上に送料もかからない。常識的に考えてもおかしい。
    話は簡単です。現場の人間に低賃金重労働を課しているからです。アニメーターと扱いが同じなんです(amazonの物流現場にいたことがあるから、内部のことはある程度知っています)。でも、amazonを利用している人、amazonの利益を褒める経済新聞は、そのことに触れない。
    アニメを「クールジャパン」と言って褒め称える人と同じで、現実を見てないんです。
    もし、アニメーターの生活と賃金を保証する方法があるとしたら、現時点では、一つしかありません。アニメーターに生活保護を受けさせて、アニメ仕事はボランティアとしてやることです。「地元をアニメの聖地に!」とのたまう自治体が都内にいくつもあるのですから、アニメーターに生活保護を認めてもらって面倒見てもらうしかありません。現時点で解決策はそれしかありません。

    乱筆乱文失礼いたしました。

    返信削除
    返信
    1. いいたいことは分かるけど、そういった境遇の人達を助けたいから神村さんは訴えてるわけで出資会社の利益を考えたら仕方ないって言い分はおかしいよね。新人の人達が労働した分の正当な対価を貰えてないのが問題なわけだし。

      業界のことは全く分からないけどあなたの言ってることと神村さんの訴えから推測して、出資企業が昔の給料はあーだこーだの話を延々と持ち続けてるから新人さんの給料が増えず過酷な労働条件が年々増していく。それを改善するために「現場」の神村さんが今回の訴えを書いたって話にも考えられるから一方的な非難は間違いだと思うよ。


      世間的に250時間が3万円とか明らかに間違ってるのは明白だしね。

      削除
  7. 私も以前アニメーターをやっていましたが、最初の一ヶ月の初任給が1万8千円でした。
    ポケモンの動画を1年やった子も月給6万円だと言ってました。
    ポケモンなんて儲かっているのだから、税金に持っていかれる分をアニメーターに固定給として支払えばいいのに。

    アニメーターの完全出来高制、個人事業主制度というのは労働基準法に明らかに違反した違法な制度です。

    食えないアニメーターは生活保護を申請すると良いと思います。
    そうすれば、家賃と生活できるだけのお金を支給されますし、行政側も生活保護を申請する新人アニメーターが多ければ「これは何かおかしいぞ」と気づく筈です。

    アニメーターは固定給+出来高制にして法律で定められた最低金銀をアニメ制作会社は守るべきです。
    「赤信号、みんなで渡れば怖くない」は、現代では通用しません。
    アニメ業界も例外ではありません。

    返信削除
  8. 何十年前から同じ事をやっているのか、と思う。こういう業界こそ、ユニオンを作るべき。

    返信削除
  9. アニメの認知度が上がって業界を代表する著名人が生まれた今こそ
    そういった力がある人間が声を上げて業界を守る運動をしないとダメなんじゃないかね
    現場で組合を作るにしても個人主義の風潮や、フリーのアニメーターがスタジオに詰めてるだけ、みたいなスタジオも多くある環境では団結も難しいだろう。
    宮崎駿監督なんかはどう考えているんだろう?東映時代の頃は、組合に入り待遇改善の為に何回もストを打ったと記事で見たことがあるけど、現在の業界の現状には諦観の構えなんだろうか。

    返信削除
  10. 一番の問題は、個人事業主の請負という形にしてしまっているため、最低賃金が適用されないことだと思います。しかも、業界全体で昔から賃金が低いために、下請法でもカバーができない。
    これは正直、今ベテランの位置にいるアニメーターさんの責任もあると思います。業界全体で少しずつ物価や作業量にあわせて賃金を上げてこなかったがために、下請法でも守りきれない賃金体系になってしまった。

    個人事業主にされてしまっている以上、アニメーター側から改善を求めないと、企業側は絶対改善してくれませんが、企業は日本人のアニメーターが使いづらいとなれば、海外に人材を求めてゆき、日本国内のアニメ産業は長期にかけて廃れていくでしょう。

    なので、やっぱり最終的には国が介入して、アニメーターを守るような規制をひかないと、日本が誇るアニメ技術は衰退していくと思います。
    ベテランのアニメーター、アニメ業界の方がこのように声をあげてゆくこと、非常に大切だと思います。

    返信削除
  11. 初めまして。
    この記事を読んだ瞬間に、
    「これが事実なら本当に心苦しい」と思いました。

    私はゲームプログラマーで、
    毎朝AM9時前後~忙しい時はAM2時か徹夜をします。
    それをやれるのはゲームが好きだからというのはもちろん、
    1人で生きていけるだけの給料をいただけるからです。

    同じ、あるいはそれ以上の労働を
    強いている環境にもかかわらず
    この待遇はたしかにひどいです。

    神村さんの仰る通り、あまりにもつらすぎてやめざるをえない現状は
    作るものは違えど同じクリエイターとして悲しいです。

    「好きなら努力する」と言うのは最もかも知れませんが
    その気にさせる環境にも限度があります。

    私はゲームも好きですが、アニメも好きです。
    近頃のアニメは表現にも凝っているので非常に勉強になります。
    まじめで健気に働くアニメーターさんたちのためにも
    神村さんのような事を発言してくれる方が増えることを心より望んでいます。

    長文失礼致しました。

    返信削除
  12. みんなそんなこと言うけど、トップに立ったら解るよ。今の若い世代は十年前の同じ世代の半分以下の生産能力しかないし潰れる子が多い。夢と現実は違うんです。何か言うとすぐふて腐れる…俺も昔は同じくらいの給料でした。でも工夫次第で生きていけるぜ。あの時があるから今があると思っている‼ただもう少し福利厚生をよくした方がいいなと思った。せめてお腹一杯ぐらいは食わせてもいいと思うね。乱文失礼しました。

    返信削除
    返信
    1. 『今の若い世代は十年前の同じ世代の半分以下の生産能力しかないし潰れる子が多い。』
      それは理由がちゃんと書いてありますね。今の動画品質は十年前の同じ世代の倍以上の品質が求められている、と読めるのではないでしょうか。
      あと物価や生活費も10年前とは異なると思いますが。

      削除
  13. 食べていけないなら、食べていける仕事に転職を。
    賃金を上げても、費用対効果が望めなければ、発注者は海外に委託するでしょう。新人といえど、アニメーターは常に海外の優秀な人材と競争を強いられている現状を認識すべきです。
    これは下請け専業の町工場や零細農家にも同じです。海外勢にはない何かをもたなければ、国が所得補助をしたところで、いずれ潰れてしまいます。
    国内で動画請け負い専門会社を作り、そこに所属すれば最低賃金も補償されるはずですが、アニメーターの境遇改善が進まないのはなぜでしょうか。
    日本のアニメ産業の一助になればと思い、毎月数巻づつディスクを購入して貧乏していますが、私の方も限界です。
    自助努力できない業界は、いつか産業自体消えてしまいます。

    返信削除
  14. 昔は高給取りと言われていたのが不思議ですね
    そして30-40年も経って当時と給与水準が何ら変わっていないというのが凄いです
    一部で言われている広告代理店に流れる制作費の事など
    業界に根付いている物は色々と深そうですね
    そりゃそこそこ描ける人が漫画やゲームや同人に流れる事も分からなくはないですね

    返信削除
  15. そもそもの前提が間違っている。

    上から降りてくる単価が上がれば制作会社は他国に出してさらにピンはねするだけだ。
    アニメーターが生活を楽にしたいなら、物価の安い国へ出なければいけない。
    インターネットの発達した現在。どこでも同じ仕事が出来る、同じ収入でも物価の差で貯金になる。
    タイなら3万円もあれば一ヶ月暮らせる。7万の収入でも毎月4万貯金できる。

    日本に住む日本人アニメーターの給与を上げたければ現在は実質脱税状態になっている海外アニメーターの製品に税を掛けなければ上がらない。
    データでやり取りしているため輸入消費税の脱税は簡単だ。
    税務署にアクションを起こし、海外発注のコストを上げないと日本人アニメーターの給与は上がらない。

    返信削除
  16. 物事には限度がある。
    「現状が当然」「昔からこうだった」
    「喰えないのは腕が無いせい」「工夫次第で何とかなる」
    何とかならないから新人離職率90%なんです。
    「うちは机を貸してるだけ」として保険も福利厚生も無し。出来高のみという
    スタジオが大半を占める実情を何とかしない限り状況は何一つ改善しないと思います。
    私が勤めているスタジオでは新人はせめて固定給+出来高にしようと提案した
    動画検査やってるアニメーターと製作が仕事を干されて辞めてしまいました。
    そういった提案すら許されないのが現在のアニメスタジオです。
    現状は「当然」じゃなく「異常」であり、人を犠牲にしなければ成り立たないというなら
    アニメは緩やかに滅ぶべきではないかとすら考えます。

    返信削除
  17. アニメーターが強く出られないのは、アニメが結局のところ娯楽産業だからなんだと思います。
    例えば、同じく過剰な労働時間の代表とよく言われるSE関連ですが、この人達が働かないと世の中のシステムが破綻する恐れがある。だから高級取りだったりするんですよね。
    ですが、アニメにはそれがない。アニメーター側が働くのを渋ったとしても、それは作品が出ないだけで、その作品の代わりに金を稼ぐ方法を考えればいい、というだけの結論になるんです。なので強く言えない。
    結局のところ、この件に関しては法整備がされない限り恐らく解決は不可能だと思います。訴えるべきところはクライアントではなく、政治なのではないかな、と私は思います。

    返信削除
    返信
    1. テレビ局は娯楽産業で、無くなっても誰も困らないのに高給ですよ
      酒、たばこ、パチンコも嗜好品や娯楽ですけど生活できないくらい追い込まれてますか?
      法整備はされてるんですよ、正しく運用されていないだけなんです
      最低賃金を守るだけで解決するんですよ

      削除
  18. アニメの予算は結構莫大です。なのにおかしいですね、作品を生み出している技術者が貧困に喘いでいる。
    こういう現実を、現場の方が声を出すのは大変勇気のいる、意義のある事だと思います。ご自身の職業の否定にもなりかねない現実を教えてくださりありがとうございます。
    真実を知られて困るのは一体誰でしょうか。
    実力のあるアニメーターさんは独立を。
    若い皆さんは汚い大人が滅ぶまで、アニメは趣味として楽しまれるのが宜しいかと思います。(職業にしたって月2万も貰えないんですから、趣味にしてバイトした方が豊かです)

    返信削除
  19. だいたい10分1000万=23分で2000万前後。私が20年前、中村橋にあった某社で制作からキャリアを開始したときのTVシリーズの製作費です。年々それは下落していき、10年間で半分になりました。自分は月給9万スタートでした。作画については時給で見積もりを出したことはないですね。動画や仕上は1枚100円~200円だったように記憶していますが、その発注先がどんな雇用形態、賃金で人を使っていたのかは解りません。製作費の見積もりベースで言えば、原画はTVなら1カット数千円(重いカットは少し積増)、映画やゲームならカット8000~12000、版権イラストなら5万~10万、でした。美術は1点5000~10000だったような。コンテや作監、脚本でも1本数十万。厳しい世界でした。私はその会社での最終月給は18万まで何とか上がりました。今はもう別業界に転職し、年収は転職時点で2倍以上になりました。久しぶりに再会し、今コンスタントにTVシリーズや劇場版の監督を張るようになったベテランが「俺も年収500万超えたよ」って、達成感含みで言うんですが、監督ならもっと年収上であって欲しいと感じました。、総監督という立場で作品を大量に回す文化も目立ち始めました。「弟子価格」で激安で作業している監督もいるわけです。関わってる本数が異様に多い「監督」は、だいたい人間を使っているとみていいでしょう。
    もう、末期的というか、壊れてしまった業界なんです。夢のない話ですが。ジャイカ発足人のひとり(故人)は、昭和時代に自身が行っていたダンピング行為を悔い、人生の最後をアニメータの労働環境改善に費やしたという話もあります。

    返信削除
  20. 組合を作って仕事を選べばいいんです。

    返信削除
  21. 新人アニメーターの働きが必ずしも悪いものではないし、
    安価な単価設定が、この先優秀なアニメーターに
    なり得た人材を失っている一因だと思います。

    ただし、一つのミスリードになってはいけないのではないでしょうか。
    それは、「作画さんだけが辛い思いをしている」ということです。

    私の知る限り、大手プロダクションの制作進行さんでも手取り12~3万、
    撮影さん(業務委託です)は11万、という事実がありました。

    新人にしてはこれらの職種は貰っていると思われるかもしれません。
    だからと言って、例えば『進行は使い捨て』といった一部の認識が存在し、
    また、これを許していいとは思えないんですね。
    A-1 Picturesの進行さんの過労自殺が労災認定されたことは
    既に報道されていますのでご承知だと思います。
    死んでから労災認定されても遅いですよね。
    死なずとも、鬱を患い辞めていく進行さんを何人か知っています。
    これは本人の資質により鬱になるんでしょうか。
    それとも、そもそもの労働時間の長さや労働実態によるものではないでしょうか?
    『進行は使い捨て』という認識を持ったスタッフのパワハラは存在しませんか?
    この事象について一体いくつの会社が労災と認めているんでしょう?

    また一方で、社員アニメーターであるにもかかわらず、
    社内の仕事を殆ど行わず、遊んでばっかりいるのに
    ちゃっかり給料だけは貰っていく作画さんもいます。
    それを許容している会社も、存在しています。
    これは会社全体に悪影響を及ぼしていると思います……。

    作画さんだけに限らず、どの部署が欠けても作品は存在し得ないので、
    部署に限らず最低基本給が設定されるといいなぁ、と思います。
    しかしながら、例え基本給を設定しても、全ての人間が
    優秀なスタッフになるか、といえばそうでもない(どの部署でもです)。
    (これはアニメ業界に限らず、どこの会社でも一緒です。)
    そこが制作会社が二の足を踏む一因ではないでしょうか。

    理想を言えば、
    予算が増え、
    全部署の人間が最低時給以上の賃金を得て、
    部署間の相互理解が進み、
    各人の創造性が最大限に活かされる現場が出来ること、ですかね。
    そういった現場が出来たなら、作画さんの作品制作における優位性は
    相当高くなると思います。

    返信削除
  22. 原稿料とか、報酬を前提で仕事してると、勤務時間って概念はあってない様なもの。仕事する各々が「それなりの時間」で仕上げるしかないんだけど、サラリーマンみたいに固定給もらってるのと同じように仕事させたら、そりゃ酷だわな。こんな現状、アニメ業界に限らないよ。

    返信削除
  23. 先日、すごい論文がネット公開されました。日本のアニメはブラック業界と切って捨てていて痛快です。http://www.godo-shuppan.co.jp/img/kokai/kaisetsu_kokai.pdf

    これは昨年出た『ミッキーマウスのストライキ!アメリカアニメ労働運動100年史』という本に収められた訳者解説だそうです。神村さんはもう読まれましたかこの本。アメリカのアニメユニオンの名誉委員長が書き下ろした、題名どおりの本です。ひょっとしたら著者のトム・シートと面識がおありではないでしょうか。http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-ff8d.html

    返信削除
  24. 元アニメーターだったものです。私も月6万で貯金を切り崩す生活をしていました。部屋はルームシェアをして寝に帰るだけの生活でした。お金も時間もない状態で精神的にも不安定でした。ルームシェアをしていたアニメーター仲間とアニメーター改善策を考えてみてチャットレディが副業であるくらいだから、チャットアニメーターがあってもいいのではと考えています。動画、原画、作監、色彩1カットがどうやってかかれてるかを動画にして見てる人たちとチャットしたり電話したり素人の絵をアニメーターがかいたら的なことをライブにしてユーザー数が増えたら動画を50円くらいで配信していけば副業で絵を描きながら稼げないかと!ジャニカやアニメ学校が協力してくれたらアニメーター育成にも役立つ動画になると思うのですがどうでしょうか?

    返信削除
  25. はじめまして、業界で原画をさせて頂いている者です。私も業界の金回りの悪さに驚き一年目は苦労しました。記事を読むと、比較的動画に絞って問題点を述べているものだと感じました。なのでそれについて意見を述べさせて頂きます。

    ありえない予算配分と単価設定については私も常日頃疑問に思っていました。どれだけ根を詰めて働いても1万以上稼げるのは元々実力をある程度有して業界に入った一部の新人(全体の1割未満)だけです。会社によっては研修期間中は給料無しという所もありますね。
    これでは業界に入った夢だけを持った9割の若者は耐えられず辞めていくのも無理はありません。彼、彼女らには業界で一生食いつなごうという気力はありません。他の職業にもっと楽しく楽に稼げる仕事は沢山ありますし。(根性論を語るのはあえて省かせて頂きます)

    では新人アニメーターは必ず稼げないのか?
    私はそうは思いません。制作さんや作監さん等、会社の中の人と交渉をし 実力を認めてもらい 仕事を提案すれば倍近く稼げます。
    現に個人でイラストの仕事でプレゼンを繰り返し経験していた私とその友人は半年でサラリーマンの平均収入と同額稼いでいました。(動画時代です)

    アニメーターを数年経験して感じたのは給料の低さよりも、アニメーターのプレゼンテーション、マネジメント能力の低さです。
    アニメを成立させる動きと絵という核を担っているにも関わらず、出資先と交渉できるだけの立場、それを得るための技術が足りていないのではないかと感じます。

    給料が少ないという問題はこの先、愚痴をどれだけ言い合っても解決はできない問題だと考えます。問題提起し続けるのは大事だとは思いますが。
    新人動画マンは教養が無い場合が多いです。絵が上手くとも社会の常識や自分を売り込む能力に欠けます。(動画だけの問題ではありませんが)
    出資元がこれ以上は給料を増やさないという姿勢を変えないのであれば、
    アニメーター自身が頭を使い、地位を向上させるために新人を教育し続ける必要があるのではないでしょうか。
    アニメーター自身が高い地位を守り続けるため、内部から交渉を仕掛け続ける必要があるのではないでしょうか。

    私は少しでもアニメーター業界で働く人々が潤えばいいなと願っています。
    長文失礼致しました。

    返信削除