2014年6月24日火曜日

国民健康保険は選んで入ろう

国民健康保険は選んで入ろう


 アニメーション業界で働くみなさん、 少しでも保険税額をおさえるため、国民健康保険は比較検討して一番お得な保険を選びましょう。保険税額が減らせたら、その分収入が増えたことと同じ、という考え方をしてみてはどうですか。

 幸い、アニメーションは映像産業なので、いくつかの有利な国民健康保険を選ぶことができるのです。知らなかった?

 誰にどの保険がお得になるか、記憶でざっくり表にしました。正確を期してはいません。また保険組合同士で重なってくる部分もありますよ。

 でもこのなかで、だいたいの目星をつけたら
http://www.janica.jp/bunbi/kokuho0207.html ここに「保険料の試算プログラム」がありますから、試算して確認をしてください。

(※課税所得金額というのは、総所得から必要経費や保険料を引いた残りの金額)


 文芸美術国民健康保険組合は、団体加入であることが条件なのが少々めんどうです。そしてその名のとおり文筆業と芸術家しか入れません。人によっては夢のようにお得な保険なのですが、アニメーション産業で加入できるのは実質アニメーター、演出、背景、CGくらいです。これは文芸美術国民健康保険組合が審査して決めていることなので、どうしようもありません。
 なお、職業を偽って加入すると行政指導が厳しくなっているおり、あとがコワイです。
 ただし、何度でも入ったりやめたりすることが出来るのは利点です。

 東京芸能人国民健康保険組合は、アニメーション産業の人なら経理、総務等の専門職を除き、ほぼ入れますし、個人加入なのが気楽ですね。
 そしてサービスでくれるお薬セットがなにげにお得。1年間、お薬を買わなくて済む感じ(^^) ただし、一度抜けたら二度と入れないので注意してね。


 どれも○○国民健康保険という名称でしょう。つまり基本的にこれらも市役所で入る国民健康保険と同じ国民健康保険なのです。みな昔々、特例で優遇されて作られた国民健康保険なんですけど、いまさらつぶせないという感じでいまも残っています。
 ま、合法的に利用できるものは活用しましょう。


  資料によると、健康保険税を滞納して保険証を持っていない人は、病気になっても病院に行かない率が高いです。そうこうするうちに、病気を悪化させて死に至ることもすくないないそうですよ。

 会社の社会保険に入れたら一番いいのですが、ほとんどのアニメーターには無理な話。だから国民健康保険には入っておいたほうがよいと思う。
 でも健康保険税、以外に高額ですよね。


 それでも1回滞納してしまうと、収入の少ないアニメーターには次がきつい。滞納し続けると2年間分まとめて払わされますが、現実問題としてこれができる人は滞納など最初からしないでしょう。
 しかも滞納金の加算税は年14.6%で、これはサラ金とたいして変わらない利率なので、銀行預金の利率が0.0いくつ、という時代においてはけっこう恐ろしい利率ですΣ( ̄ロ ̄lll)


 だから、新人アニメーターはしばらくのあいだ、親の保険に入ったままでいてください。それが一番安全です。


 40歳代、50歳代になり、けっこう所得もあるはずなのに、国民健康保険に入らない人もいます。するとやはり病院には行きづらいようで、病気をこじらる結果になったりします。
 また業界では高額所得者の部類なのに延々と滞納しつづけている人もいます。この年代、収入の人になると自分の意思でしていることだから、自己責任かなあ(^^;) 

 あと、非常にめずらしい考え方のアニメーターもいて、50歳代をすぎていますが、一度も健康保険税を払ったことがないのだそうです。でも国民年金はきちんと払っているの。
 普通のパターンと逆ですね。本人曰く
「年金は必要だ。だけど私は病気しないから健康保険はいらないんだ」
・・・だって。
 いままで運がよかっただけだと思うけどナ。


 人間誰でも、どんな病気になるかわからないと思う。国民健康保険には入りましょう。国民健康保険に入ってさえいれば、大手術、入院となっても8万数千円の支払い限度額が決まっており、たとえ200万円の医療費がかかったとしても、190万円以上は返ってきます。
 最初に200万円が払えないときは、そのように申請すれば最初から払わなくて大丈夫。

 日本の国民皆保険制度って優しいなあ。







0 件のコメント:

コメントを投稿